『シェラトングランデトーキョーベイ・シェラトンクラブ ルーム(11階)』宿泊記

『シェラトングランデトーキョーベイ・シェラトンクラブ ルーム(11階)』宿泊記 目次

 

概要

  • 宿泊時期:2018年6月 平日から2泊
  • 予約方法:マリオットリワードオフィシャルサイト
  • 予約プラン:客室のみ
  • 予約客室:スタンダードルーム
  • サービス料・税金を含む料金:1泊16000円程度

マリオットリワード【プラチナ】会員特典

  • 客室のアップグレード:シェラトンクラブ ルーム(11階)
  • 朝食無料
  • クラブラウンジの利用
  • 16時までのレイトチェックアウト

プラチナギフトは、なぜかポイントを強く推奨されますが今回は、お菓子にしてみました。値段も見てしまった・・・・

アクセス(交通 手段 移動 方法)

東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルである為、交通の利便性は、高いです。成田空港・羽田空港共に空港リムジンバスが乗り入れています。電車の場合は、舞浜駅からディズニーリゾートラインに乗ってベイサイドステーションに来てからディズニーリゾートクルーザーの無料送迎バスで行くか歩くかとなります。敷地で考えるなら徒歩1分以内!!ロビーまでと考えてもバスを待つなら歩いた方が早いでしょう。だって道を渡るだけですからね

通常、JR舞浜駅から送迎バスもあり【ディズニーオフィシャルホテル行き】のバス停から発着します。ただ、注意することとして、シェラトングランデトーキョーベイでは、平日の運行本数がかなり少ないです。1時間に1本または2本で14時56分頃の舞浜駅発をもって終了です。ディズニーランドに行く人がディズニーリゾートラインではなくバスを利用される方が多く他のホテルでは、いるのですがほとんど利用者は、いませんでした。ただ、土日は、1時間に3本運行されているのでいいかなとなりますがそれでも注意が必要で最終は21時40分舞浜発です。東京ディズニーランドの閉園が9時の場合でも乗り遅れる可能性があります。

ホテル周辺(コンビニ)

シェラトングランデトーキョーベイホテルの周辺は、基本的にホテルがあるだけです。何かあれば、JR舞浜駅又は、新浦安駅に行くことになります。舞浜駅は、あるのは、イクスピアリぐらいで商業施設ですがそれ以上でもそれ以下でもありません。何か生活に必要な物となると新浦安駅の方に行くことになるでしょうが旅行者として必要な物は、ホテル内やイクスピアリで調達できると思います。

コンビニについては、ヒルトン東京ベイのホテル内に生活彩花が出店しており、一般コンビニ価格で購入可能です。シェラトングランデトーキョーベイ内には、ホテルの売店があります。薬局もホテル内に出店しています。

風邪をひいた時やインフルエンザなど病気の時のクリニックについては、なんとお隣のヒルトン東京ベイの中にあります。もし、時間外の場合は、新浦安の方に行くこととなりますが、ほぼ24時間小児対応クリニックも東京ディズニーセレブレーションホテルの近くにあるので乗り継ぎの必要等は、ありますが比較的便利です。

チェックイン

チェックイン時間の15時合わせて15時30分頃ホテルに到着したら、混雑しており、最上階のエグゼクティブラウンジにてチェックインすることといたしました。ただ残念ながらどこに行っても混雑していた・・・エグゼクティブラウンジでは、席に座って飲み物を頂きながら待つことが出来ましたがなぜか1時間ほどかかりました・・・。これもエグゼクティブラウンジのあるあるです。お部屋の方は、プラチナ会員ということでグラブフロアにアップグレードして頂けました。

部屋の中へ シェラトンクラブ ルーム(11階)

今回15時30分にホテルに到着してチェックインに1時間ほど時間がかかり、16時30分過ぎにお部屋の鍵を頂きました。その為、カクテルタイムが17時ということもありそのまま居座り、お部屋は、その後に入室しました。

お部屋は、スタンダードルームから11階のクラブフロアにアップグレードして頂きました。12階もクラブフロアでお部屋の色合いが異なります。

お水は、3本無料でおいてありました。

シャワールーム(アメニティ)

トイレは、独立型でした。洗面から扉を開けることもでき、着替えが丸見え!!浴室の方は、バスタブと洗い場ありでした。

ホテルからの眺め

お部屋は、海側でしたがこちらは、12階のパーク側クラブラウンジからの撮影です。

東京ディズニーリゾートの花火も上がり見えました。

海側のお部屋からの景色です。

ホテルの施設(売店・プール・ジム)

ホテル内には、売店や別棟にジム・プール・大浴場・ゲームコーナーがあります。ホテル価格の売店となっております。

別棟のお風呂等は、有料となりますが特典として無料で入れました。

大浴場の中は、大浴場って感じでした。個人的には、有料なら入らないかな・・・。

ゲームセンターもありますが温泉旅館等にあるような感じですね。閑散としていました。

 

クラブラウンジ(時間・場所・カクテルタイム・朝食)

クラブラウンジの案内です。

時間について

  • 朝食 7時から10時
  • イブニングカクテル 17時から19時 ビール提供20時まで

一般の朝食会場について利用される場合はね追加料金が必要とのことでした。ちょっとうれしいサービスとして段ボールを頂けることです。ディズニーリゾートオフィシャルホテルということでお土産もを送りたいという方がいます。段ボールも1箱500円とかしますでうれしいです。ただ、送る時には、発送仲介手数料400円がかかりますが・・・。ちなみに宅配業者は、佐川急便です。

 

シェラトンクラブラウンジのオールデイスナックタイム

 

カクテルタイムには、お料理も並びます。また、アルコール類もあり、種類豊富でした。カクテルもいくつも作れそうですね

 

お食事については、これくらいあればいいかなぁと思いますが少し物足りなさを感じてしまう私でした。デザートもちゃんとあるのがいいですよね

 

朝食は、一般レストランに行くと追加料金がかかるのでクラブラウンジにて頂きますが、種類が十分あるので良いと思います。

和食も洋食も基本的なものはあるのでいいでしょう!!

まとめ(感想・おすすめポイント)

クラブラウンジチェックインをしたら手続きに1時間ほどかかったのには、驚きましたがエグゼクティブラウンジでは、あるあるの話です。早くお部屋に入りたい場合は、一般の方同様にロビーでチェックインした方が早いです。ただ、お部屋が空いていない場合は、その上でエグゼクティブラウンジに案内されます。

クラブラウンジ自体は、広いのですがさすがにカクテルタイムの時は、満席で開始直後には、大行列が出来ていました。17時と早めですが・・・お部屋数も2フロアあり、対象となる方の数が多いので仕方がないでしょう。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

『ヒルトン東京ベイ・KING HILTON ROOM PARK,』宿泊記 ヒルトンオナーズアップグレード無し

目次

 

概要

  • 宿泊時期:2018年6月 日曜日から1泊
  • 予約方法:ヒルトンプレミアムクラブジャパン経由
  • 予約プラン:客室のみ(HPCJ割引)
  • 予約客室:KING HILTON ROOM PARK, (ヒルトンルーム キングサイズベッド パーク側)
  • 客室料金:9750円
  • サービス料・税金を含む料金:11899円

ヒルトンオナーズ【ゴールド】会員特典

  • 客室のアップグレード:無し
  • 朝食無料

アクセス(交通 手段 移動 方法)

東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルである為、交通の利便性は、高いです。成田空港・羽田空港共に空港リムジンバスが乗り入れています。電車の場合は、舞浜駅からディズニーリゾートラインに乗ってベイサイドステーションに来てからディズニーリゾートクルーザーの無料送迎バスで行くか歩くかとなります。敷地で考えるなら徒歩1分以内!!ロビーまでと考えてもバスを待つなら歩いた方が早いでしょう。

また、ヒルトン東京ベイホテルでは、JR舞浜駅から送迎バスを1時間に3本又は6本毎日運行しています。JR舞浜駅前ロータリーから【ディズニーオフィシャルホテル行き】のバス停から発着します。ただ、注意することとして、他のディズニーオフィシャルホテル行きのバスもあり、各ホテルを巡るわけではないので乗り間違えには、十分ご注意ください。

ホテル周辺(コンビニ)

ヒルトン東京ベイの周辺は、基本的にホテルがあるだけです。何かあれば、JR舞浜駅又は、新浦安駅に行くことになります。舞浜駅は、あるのは、イクスピアリぐらいで商業施設ですがそれ以上でもそれ以下でもありません。何か生活に必要な物となると新浦安駅の方に行くことになるでしょうが旅行者として必要な物は、ホテル内やイクスピアリで調達できると思います。

コンビニについては、ヒルトン東京ベイのホテル内に生活彩花が出店しており、一般コンビニ価格で購入可能です。なお、周辺ホテルの場合は、ホテルの売店となっており、ホテル価格となっています。薬局については、お隣の、東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートにあります。イクスピアリにもあります。

風邪をひいた時やインフルエンザなど病気の時のクリニックについては、なんとヒルトン東京ベイの中にあります。もし、時間外の場合は、新浦安の方に行くこととなりますが、ほぼ24時間小児対応クリニックも東京ディズニーセレブレーションホテルの近くにあるので乗り継ぎの必要等は、ありますが比較的便利です。

チェックイン

ホテルには、チェックイン開始時刻の15時に合わせて送迎バスに乗ったこともあり、ロビーが混雑していました。現在ヒルトンオナーズプラチナ会員からゴールド会員に転落したため、エグゼクティブラウンジでチェックイン出来ず、こちらのヒルトンオナーズゴールド会員向けのエリアでチェックインとなりました。まぁ一般より並んでいませんが・・・。

ヒルトンオナーズゴールド会員でもお部屋のアップグレードがあります。通常は、セレブリオルームにほぼ確実にアップグレードとなります。リクエストしたらハッピーマジックルームにして頂くことも可能です。さて、今回のアップグレードは、なんと、無し!!!

ヒルトン東京ベイでアップグレード無しは、初めてです。まぁ、一番新しいお部屋ですのでいいですが・・・

部屋の中へ(ヒルトンルーム)

アップグレード無しの予約したお部屋ヒルトンルームです。お部屋の広さは、パーク側すべて共通なので広い狭いはありません。海側の方が広いですが、お部屋のランクで広さは、基本的に変わりません。スイートは、2つ分です。

こちらのお部屋のデザインも好きですね。落ち着いて感じがあります。

お水2本とウェルカムスイーツです。中身は、かりんとうでした。

シャワールーム(アメニティ)

バスルームの方も改装して新しくなっていました。ただ仕様は、同じなのでファミリーには、浴室の洗い場がないので不評かも・・・。また、ビジネスホテルでは、当たり前ですが。洗面・トイレ・バスがすべて一部屋になっています。2人ぐらいならいいですが4人で泊るとぶつかりそうですね

ホテルからの眺め

今回は、パーク側の為、東京ディズニーリゾートが目の前に見えます。中は、見えないように工夫されていますが、花火は、見れます。強風の場合は、中止となりますが『南風』の場合も中止となります。主に夏この地域では。南風が吹きやすく中止の確率が上がります。逆に冬になると、花火の開催の確率が上がります。

ホテルの施設(売店・プール・ジム)

ホテル内には、生活彩花というコンビニが出店しています。一般コンビニ価格なのでうれしいですね。ディズニーオフィシャルホテル共通としてお土産が買えるディズニーショップがあります。地下には、ジムとプールがあります。そしてクリニックもあります。実は、以前クリニックにお世話になったことも・・・。薬局は、ありませんがお薬は、院内処方なのでご安心ください。市販薬は、お隣のホテルへ

一般朝食レストラン(時間・場所)

朝食会場は、フロントの先です、3つのレストンがありますが朝は、すべて一体的に運営されています。

ヒルトンオナーズゴールド会員は、優先レーンがあり、並ばずに入れます。特に朝一の6時30分頃と7時から7時30分頃は、並ぶことが多いです。パークの開園時間によっても込み具合は変動します。

まとめ(感想・おすすめポイント)

今回、アップグレード無しということでした。過去何度も利用して初めてでした・・・。しかし、個人的には、落ち着いた雰囲気のヒルトンルームが好きかもしれません。通常アップグレードされるセレブリオルームもよいお部屋ですが個人的には、好きというものです。もしかしたら今度からこのお部屋を指定するかも・・・。時間があまりなく、改装されたジムやプールに行ってはいませんが今度時間があったら見学に行きたいと思います。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。