和歌山・南紀白浜 海鮮ランチ&崎の湯!!海鮮寿司とれとれ市場&フィッシャーマンズワーフ

和歌山の南紀白浜でのランチは、正直言って選択肢が少ないです。まぁ場所が場所ですからね。しかも朝食や夕食は、ホテルで付いてることもありますがランチまでは、付いていない・・・。そんな中で海の幸を頂くため、2か所でランチを頂きました。

ランチどころ近くに温泉もあったので立ち寄ってきましたる

海鮮寿司 とれとれ市場

とれとれ市場は、南紀白浜では、有名なスポットですね。

バスツアー等でもドライブイン的な感覚で立ち寄ったりする場所で、マグロの解体なども行っていてお土産もいっぱい売っています。メインのエリアにも飲食店が入っており、すしや天ぷらや丼ものなど各自好きなものを注文して頂けるフードコート的な場所がありますが今回は、道路反対側の回転ずし屋さんの方に来ました。

時間は、11時30分ぐらいだったかと思います。行列することもあるとのことでしたが平日だったためガラガラでした。

お客さんが少ないので注文制となっていました。

↓活〆三種盛り 活〆真鯛+活〆ヒラメ+活〆ブリ 389円

↓紀州熊野牛三種盛り 炙り+ローストビーフ+肉巻き握り 832円

↓チーズマヨ三種盛り 生サーモン+海老+ホタテ 454円

どれもおいしかったです。

みんなと行くと好みが異なる事がありますのでその場合は、とれとれ市場の方でもいいかと思います。

崎の湯

ランチに少し時間が早かったため温泉に立ち寄りました。

日本最古の湯と言われる崎の湯です。

駐車場は、ありますがここまで細い道を入ってくることとなります。

入湯料は、500円だったかな?券売機で買って管理人さんに渡して終わりって感じです。貴重品等は、券売機横のコインロッカーに入れるようになります。皆さん車に入れておく感じでしたが・・・。タオルは、ご持参ください。

この先に簡易的な脱衣所があって温泉がありますが自然豊かな温泉となりますので、雨が降ると濡れるかも・・・。そして、写真をあえて斜めから撮りましたが、のれんの向こうが丸見えで見えちゃいます(笑)

女湯の方は、けっこう囲われている感じですが男湯は、野ざらし??という感じです。

湯船は、手前と奥の二か所あり、奥側は、波しぶきが入って温度が下がってしまうことがあり、ちょうどそのタイミングでした。もしかしたら公開中止になるかも・・・。手前側は、大丈夫のようですが・・・まぁ大自然の中で入る露天風呂ですからね。

フィッシャーマンズワーフ 南紀白浜 食の港

崎の湯からほど近い所にあるフィッシャーマンズワーフにランチに来ました。平日なので空いていました。1階は、海鮮の直売と丼もコーナーって感じでした。

2階は、レストランって感じのようです。

今回は、1階で頂きました。

注文したら、こちらが渡され、後で自分でお味噌汁を入れるようにって・・・

↓海鮮丼の特上 1500円+++ アワビも入っています。エビがおいしかったですね

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

ご連絡フォーム

リニューアル後『湯快リゾートプレミアムホテル千畳・ランクアップルーム和洋室』宿泊記(一人旅)

今回は、ちょっと時間が出来たのでふらっと和歌山一人旅に出来ました。一人で温泉旅館等に宿泊するとある程度の宿泊費がかかりますが1泊2食付きで一人でも高くならない湯快リゾートに来てみました。2018年8月にリニューアルオープンしたホテルです。

『湯快リゾートプレミアムホテル千畳・ランクアップルーム和洋室』宿泊記 目次

 

概要

  • 宿泊時期:2019年4月 月曜日から1泊
  • 予約方法:楽天トラベル(ポイントが加算されます)
  • 予約プラン:1泊2食付き
  • 予約客室:ランクアップ和洋室
  • サービス料・税金・入湯税を含む料金:13860円
  • エレベーターのセキュリティ:無し
  • お部屋の電気にキーの必要性の有無:無し
  • ベッドのスタイル(デュべorスプレット):デュベ

アクセス(交通 手段 移動 方法)

今回は、車で移動しました。場所から車があった方が便利ですからね。
ひとつ問題なのは、湯快リゾートプレミアムホテル千畳の電話番号が無い事です。湯快リゾートでは、直接電話対応をしないという観点でホテルの電話番号が公開されておらずカーナビに入力することが出来ません。今回は、すぐ近くに「千畳敷」の観光名所があったのでそちらで検索しました。

ホテルの角を曲がって千畳敷に行くことになるのでね

駐車場は、基本三か所になっています。ホテル正面玄関前は、駐車禁止になっていますが車いすは、例外的に駐車できるような感じでした。

第一駐車場は、ホテルすぐ横であり、崖の下って感じです。こちらに停めますとホテル横の階段で正面玄関に出ることが出来ます。時間は、チェックイン時刻の15時ちょうどぐらいです。こちらは、この時間でほぼ満車となります。

第一駐車場手前に第三駐車場があります。多少ですが離れることになりますので第三なのでしょうがこちらからホテルへ向かうと階段は、ありません。若干坂を上りますが大したことは、無いと思います。ちなみに目の前にコンビニのローソンがあります。

単純にちょっとリラックスしたいという方ならホテルの送迎バスもあり便利ですね。大阪や京都や神戸などから出ています。往復で3500円程度です。一人ならこちらの方がお得ではあります。3人ぐらいで行くならトントンという感じだと思います。

ホテル周辺(コンビニ)

すぐ近くに景勝地である「千畳敷」があります。歩いても5分かからないと思います。

お土産物屋さんもあります。

第三駐車場前にコンビニのローソンがあります。

そして、ローソンの駐車場横にコインランドリーがありました。

チェックイン

リーズナブルなホテルである為、ドアマンやベルマンなどのスタッフは、一切おりません。フロントに2名程度いるだけです。お荷物は、正面玄関前の車寄せで下せます。また、台車も用意してあり、セルフとなっています。

チェックインは、有人ですが名前を言って鍵を受け取り、館内の説明があって食事の時間を決めて終わりです。グループで来ていると食事の時間決めに時間をなぜか要して、大行列ができます。2部制か三部制となるので事前にある程度の時間枠を考えておいた方がいいですよ。

チェックアウトは、機械で行います。

フロント横に浴衣コーナーがあり、好きながらの浴衣をもってお部屋に行きます。

建物は、つながっているようでつながっていない構造になります。がけ地立てたりするとよくあることです。エレベーターが二か所ありますが使用できるエレベーターが限られます。今回のオーシャンビューのランクアップルーム和洋室は、ちょうどフロントの上でエレベーターが1台のみしかも定員6人450㎏乗りです。荷物もあれば4人とかですかね。狭いです。車いすなら1台と一人ぐらいです。登りは、エレベーターで下りは、階段を利用していました。古い作りの建物でリノベーションしてもエレベーターの増設は、たいへんな物事です。移動に不便を感じる方もいますのでその辺を考慮してお越しくださいね

部屋の中へ

今回のお部屋は、ランクアップルームの和洋室です。以前どうだったか知りませんが客室は、そんなに手を加えていないと思います。

洋室は、ベッド2台です。

ドライヤーもお部屋に備え付けですがあります。冷蔵庫は、空です。

和室部分です。10畳です。

テレビは、和室側のみです。

バスタオルとハンドタオルは、お部屋にあります。大浴場にもありましたが露天風呂にバスタオルはありませんでした。

和室側には、4人ぐらい泊まれそうですね

バスルーム(アメニティ)

予約時には、トイレのみがついていてバスルームが無いとなっていましたが申し訳なさそうですがバスルームがありました。一人暮らし向け感じがします。シャンプー等もボトル式ですがあります。アメニティ的には、歯ブラシぐらいです。

ホテルからの眺め

今回のランクアップルーム和洋室は、オーシャンビューのおへやとなります。

プールは、温水で一年中入れるそうです。4月初めですが大人の人も入っていました。

写真左下の屋根のところが露天風呂となっています。

ホテルの施設(売店・プール・温泉)

フロントがあるのが2階となります。

そこに子供向けの遊び場がありました。

そしてなぜか遊び場の横にコインロッカーがあります。

お土産がある売店です。

売店前に自販機コーナー 売店にもアルコール類も置いてありますが時間が限られますのでね。

ちなみに氷は、一つ下の1階にあります。1階の方の自販機コーナーには、アイスもありました。

 

漫画コーナー

ゲームコーナー!!

インターネットコーナー

一階の方には、プールがあります。

そしてキッズコーナーその2。レストランが1階なのでその待ち時間向けかとおもいます。

ゲームセンター

卓球は、無料ですがご予約シートがありました。

そして温泉ですね。しかしこの温泉1階からさらに下にありました。足の不自由な方は、お手伝いするとのことですがおそらく業務用エレベーターでもあるのかなと思います。

こちらは、大浴場となります。サウナもあります。内湯だけでなく露天もありました。

 

別途、露天風呂もあります。お外に出て階段降りて下へ・・・屋根は、付いていますが外です。

誰もいなかったので… 昔ながらの温泉旅館の露天風呂って感じの簡単な露天風呂です。

眺めは、いいかと思います。

温泉につかるだけです。洗う事は、出来ません。

夕食レストラン(時間・バイキングの内容)

この日の夕食は、2部制となっています。第一部が18時00分から19時30分 第二部が19時30分から21時00分となっています。特にチェック等は、ありませんので好きな時間に来ても席が空いていればという感じでした。また、マグロの解体の時間もそれに合わせてとなっています。チェックインの時に時間を選びますが人数調整という感じと思います。早い方だと始まって30分すぎると食事を終えられる方もいました。

地元紀州産のものをいろいろと使われていました。

お刺身は、マグロとサーモンでした。

お寿司の種類は、いろいろとありました

ステーキは、順次焼いてくれます。

天ぷらも揚げたてを頂く事もできます。

ピザも焼き立て作り立てです

キッズコーナー

和歌山ラーメンもあります。

時期によって異なりますがこの時期は、海鮮バーベキューでした。こちらから好きな具材取って各自テーブルで焼きます。ホタテ・サザエ・エビなどが人気でしたね

アルコール類は、有料で飲み放題もあります。

 

皆さんがある程度来られて、お食事も中盤となる頃にマグロの解体があります。

ここで解体して中落を振る舞うというものです。

切り身は、おそらく次の回の方の分と思います。

お腹いっぱいでどうにかデザートも頂きました。

 

朝食レストラン(時間・バイキングの内容)

朝食は3部制です。7時から 8時から 9時から となります。夕食より皆さんの滞在時間が短いのでかなり緩く、皆さん好きな時間に来ている感じがしました。

和食がメインのようにも感じました。

フレンチトーストもおいしかったですね

ワッフルは、セルフサービスです。

キッズコーナー

海鮮バーベキューがテーマとなっているため、朝から干物もセルフで頂きます。

まとめ(感想・おすすめポイント)

古い温泉旅館をリニューアルさせているため、どうしても構造上手を入れられない部分があり、移動に不自由を感じる方もいることと思います。事前にホテルに相談すれば部屋の位置を調整したりしてくれるかと思います。お食事処などは、改装されてきれいでした。お部屋も改装してほしかったですが・・・。一人旅でも1泊2食であまり高くならないのがいいですね

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

ご連絡フォーム