コートヤード・バイ・マリオット大阪本町宿泊記

コートヤードバイマリオット大阪本町 SPG・マリオット系ホテル

2019年10月に新規オープンしたマリオットグループのコートヤードバイマリオット大阪本町に宿泊してきましたのでその時の様子をお伝えします。

アクセス

  • 住所: 〒541-0054 大阪府 大阪市中央区南本町2-3-7
  • TEL: 06-6266-5580
  • 最寄り駅その1:地下鉄堺筋線・中央線 堺筋本町駅(8番出口)より徒歩1分
  • 最寄り駅その2:地下鉄御堂筋線・中央線・四つ橋線 本町駅(9番出口)より徒歩5分

最寄り駅からの各出口は、【階段】となっています。御堂筋線を利用する場合は、【中東改札】から出るとエレベーターで移動可能です。ちょうどセントレジス大阪の所になります。堺筋線を利用する場合は、【中北改札】から船場センタービル3号館内のエレベーター・エスカレーターを利用することが可能です。ただし、平日と土曜日のみとなります。

チェックイン時間15時から

コートヤードバイマリオット大阪本町のチェックイン時間は、15時からとなります。チェックインカウンターは、2から3名で対応されていました。

クラブラウンジは、ありませんが、マリオットボンヴォイチタン会員の為、ホテル内一階のバーで17時00分から19時00分までトワイライトカクテルアワーとしてアルコール類を含むドリンクとおつまみがいただけます。1枚で2名まで利用できます。

チェックインを終えてエレベーターでお部屋へ・・・。新しいホテルという事でエレベーターにセキュリティーがかかっており、カードキーが必要です。

客室:アンビシャス キング

今回のお部屋は、アンビシャス キング というお部屋です。広さは、24平方メートル以上です。最近の流行なのかベッドが完全に固定されるタイプでベッドフレームが木の台という感じでした。このタイプってなぜか足をぶつけたりするんですよね・・・。基本的には、ビジネスホテルのような感じです。お水2本は、無料です。メインベッドの他には、窓側にソファがありテーブルがあります。クローゼットについては、窓の横にありました。最初気がつかなかった・・・。

浴室・洗面など

洗面スペースの左右にトイレとシャワーがあります。バスタブは、ありません。トイレが独立しているのが良いかなぁと思います。シャワールーム内がお部屋から見えるようになっていますが目隠しがあるのでご安心下さい。シャワーを使い始めたら関係ないですけどね・・・広く見せる視覚効果のためですね。

ホテル内の設備等について

コートヤード・バイ・マリオット大阪本町には、フィットネスジムがあります。外資系ですの当然ですが・・・。他にもコインランドリーがあります。また、2階に大浴場もあります。入退室がカードキーで行っており、テレビで混雑状況が分かるようになっています。

大浴場については、バスタオルをお部屋から持って行く必要があります。時間は、朝5時から昼12時まで、15時から夜24時までとなっています。洗い場は、6つぐらいだったかと思います。屋外に露天風呂もありましがそんなに広くは、無いです。時間帯によっては、混雑してしまうかもしれませんが今回は、貸し切りでした・・・

カクテルタイム

マリオットボンヴォイチタン会員・プラチナ会員向けにトワイライトカクテルがあります。場所は、1階のバーです。ビールについては、言えば入れてくれます。食べ物については、写真の通り、おつまみ程度です。

朝食:2階オールデイダイニングステッチ

朝食の時間は、6時30分から10時となります。料金は、前日までは3025円で当日は3872円だそうです・・・。シェフの卵料理コーナーもあり、オムレツに市販のトマトケチャップではなくトマトソースでした。

昼食:2階オールデイダイニングステッチにてインスタブランチ

レイトチェックアウトは16時までです。ホテルでのんびりしていたのでホテル内でランチにしました。お得だったので!!週替わりでインスタブランチがあり、税込みサービス料込みで1000円なんです。しかも、マリオットボンヴォイプラチナ会員・チタン会員は、20%引きです。つまり税込み・サービス料込みで800円です。この値段ならお得だと思います。メインの他にサラダ・スープ・パン・デザート・ドリンク付きですよ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました