さっぽろ雪まつり最終日 シャトレーゼガトーキングダムサッポロへ 札幌駅から送迎バスで移動

2018年 札幌雪祭りダイナミックツアー利用

さっぽろ雪まつり最終日・三連休最終日でもあり、札幌駅をはじめ各所混雑しておりました。

札幌駅でランチを終えて本日の宿泊先シャトレーゼガトーキングダムサッポロへ向かう前にさっぽろ雪まつりの見物をいたします。札幌駅から大通り公園までは、地下鉄で一駅となりますが、地下道があり徒歩で移動される方も多くいました。

地下道は温かいのですが地上に出ると雪が降って寒かったです。

雪の彫刻は素晴らしいのですがやっぱり寒すぎました・・・ところどころに屋台があり簡易的な室内で休憩しながら行くのがいいですね。歩きながら食べたら転ぶし、温かい料理がすぐに冷えちゃいますからね

大通り会場の雪の彫刻の次は、地下道に戻りもう一駅先のすすきのへ向かいます。

すすきの会場は、氷の彫刻です。

2駅も歩いたので帰りは、電車で札幌駅まで戻りました。

本日宿泊するホテルは、最終日ですが雪祭り開催期間となるためホテル代が高騰しているタイミングで周辺ビジネスホテルでも1泊2万とか・・・。今回は、予算の関係でちょっと離れた、シャトレーゼガトーキングダムサッポロにしました。札幌駅より送迎バスで片道40分程度かかりますが2泊朝食2回夕食1回込みで3.5万程度でしたのでお得と考えました。温泉もありますのでね

さて、シャトレーゼガトーキングダムサッポロへの送迎バスは、札幌駅北口のバスターミナルから出発となります。土日は、1時間毎に運行されています。原則各所毎時0分発で40分間で移動して残り20分が待機という状態です。ということで札幌駅北口のバスターミナルにシャトレーゼガトーキングダムサッポロの送迎バスが到着するのが40分頃でそれより早く行ってもバスは来ていないでしょう。

シャトレーゼガトーキングダムサッポロの送迎バスの乗り場にバス停はなく、団体バス駐車場エリアのどこかに停まっていて乗り込むことになります。

バス停のあるのは、路線バスのみです。いくつかのホテルの送迎バスがこちらに集まります。各ホテルのバスには、ホテル名が書いてあるのですぐにわかりました。

今回は、ホテルのチェックイン時間に合わせる形でバスの時間を選び14時発の送迎バスを利用いたしました。今回は、他の乗客は、数組だけでした。

ここで一つ心配になることがありますね。満席の場合はどうなるか?答えは、たぶん乗れない。ホテルを出発する時に満席となる状況だと、バスを増発してくれます。繁忙期であればバスが2台ぐらい来ているかもしれませんが札幌駅発の場合、すぐに増発の対応はできず場合によっては、1時間遅らせなくてはならないかもしれません。今回14時とスパやプールに行くには、遅い時間。ホテルに宿泊する人にとっては、早い時間だったので他の利用者があまりいませんでしたが夕方や夜には、多くの方が利用することでしょうね。

バスは、定刻通り出発して、半分ぐらいのところに地下鉄麻生駅があり、そこでも乗ることが出来ますが誰も乗る人はいませんでした・・・。ホテル以外で食事や何か買い物を考える場合は、地下鉄麻生駅まで来ることになります。ホテルの敷地手前にコンビニのセブンイレブンがありましたが敷地が広いのでホテルから徒歩5分から10分程度かかるかもしれません。

ほぼ定刻通り14時40分過ぎにホテルに到着しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました