『ザ・マジェスティック・ホテル・クアラルンプール、オートグラフ コレクション ジュニアスイート』宿泊記


目次

 

概要『ザ・マジェスティック・ホテル・クアラルンプール、オートグラフ コレクション(The Majestic Hotel Kuala Lumpur, Autograph Collection)』

  • 宿泊時期:2017年9月 平日1泊
  • 予約方法:マリオット オフィシャルサイト
  • 予約プラン:客室
  • 予約客室:デラックスルーム
  • 客室料金:485.10RM
  • サービス料・税金を含む料金:524.21RM
  • レート換算:27.291/RM 14306円
  • 日本人スタッフ:一人勤務

マリオット リワード【ゴールド】会員特典

  • 客室のアップグレード:ジュニアスイート
  • プレミアムインターネットが無料
  • 朝食が無料
  • 16時までのレイトチェックアウト(保証)
  • クラブ ラウンジの利用が無料

アクセス(交通 手段 移動 方法)

KLセントラル駅からタクシーを利用するのが一般的な交通手段です。一番近いの最寄り駅は、KTMコミューターのクアラルンプール駅となります。LRTクラナジャヤ線のパサールセニ(Pasar Aeni)も徒歩圏内となります。

『ザ・マジェスティック・ホテル・クアラルンプール、オートグラフ コレクション(The Majestic Hotel Kuala Lumpur, Autograph Collection)』では、【KLセントラル駅】と【ブキッビンタン(スターヒルギャラリー・JWマリオットホテル)】と【ミッドバレー(巨大ショッピングモール)】の3か所にシャトルバスを運行しています。出発は、正面玄関(新館・タワーウイング)からです。

【KLセントラル(KL Sentral)】線 30分おき KLエクスプレス出発口に到着 KLエクスプレス到着口より出発

  • 【KLセントラル】行 5時35分始発 11時35分最終
  • 【KLセントラル】発 5時55分始発 11時55分最終

【スターヒル(Star Hill Gallery)】線 1時間おき スターヒルギャラリー・JWマリオットの正面玄関発着

  • 【スターヒル(Star Hill Gallery)】行 9時30分始発 7時30分最終
  • 【スターヒル(Star Hill Gallery)】発 10時00分始発 8時00分最終

【ミッドバレー(Mid Valley)】線 1時間おき River View出入口発着

  • 【ミッドバレー(Mid Valley)】行 8時30分始発 7時30分最終
  • 【ミッドバレー(Mid Valley)】発 9時00分始発 8時00案最終

ホテル周辺(コンビニ)

レイクガーデン周辺エリアになるため、国立モスクやイスラム美術館などへ徒歩で行くことが可能です。コンビニは見当たりませんでした。もしかするとKTMコミューターのクアラルンプール駅に行けば売店があるかもしれません。徒歩で移動の場合は、LRTクラナジャヤ線のパサールセニ(Pasar Aeni)駅まで行くことになります。または、ホテルのシャトルを利用することになります。

チェックイン

『ザ・マジェスティック・ホテル・クアラルンプール、オートグラフ コレクション(The Majestic Hotel Kuala Lumpur, Autograph Collection)』の新館タワーウイングでチェックインを行います。ロビーは、吹き抜けの大空間でした。

さて、マリオットリワード ゴールド会員であるため、ワンランクアップグレードとなります。

部屋の中へ

ジュニアスイートの広さは、56㎡です。ベッドルームエリア・リビングルームエリア・ダイニングルームエリア・書斎エリアがありますがワンルームタイプとなります。部屋の広さに対してテレビが少々小さく感じました。

シャワールーム(アメニティ)

バスルームは、バスタブとシャワールームという仕様です。洗面台は2つありました。湯船につかりながらテレビを見ることもできますよ。バスアメニティは、シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・ボディーローションがありました。あとは、歯ブラシ・髭剃り・シャワーキャップ等でした。

ホテルからの眺め

電車が見える側のお部屋でした。

ホテルの施設(売店・プール・ジム)

タワーウイングにスイミングプールとジムがあります。客室に囲まれる感じになります。時間帯によっては、日陰となります。プールサイドでのんびりされる方もいらっしゃいました。プールサイドバーとかは、ない感じでした。

クラブラウンジ(時間・場所・カクテルタイム)

  • 場所:マジェスティックウイングの1階奥
  • 行き方:タワーウイングの2階より連絡通路あり、一階からは、エスカレーターで上がって右奥へ、エレベーターは、宴会場用エレベーターで上がって左へ、連絡通路を通りマジェスティックウイングに入り、レストンエリアを通り過ぎた奥にあります。
  • アフタヌーンティータイム(Afternoon Tea ):15時00分から17時00分
  • イブニングカクテルタイム(Evening Cocktail hour ):17時00分から19時00分
  • 営業時間:7時00分から23時00分

アフタヌーンティータイム(Afternoon Tea )

今回訪れたのは、15時50分頃となりました。利用者は数組でした。飲み物は、基本セフルという感じでした。フード系は、多少おいてありましたが、原則セットメニューの提供のようでした。こちらが運ばれてきたものです。スコーンは、おいしかったですよ。

イブニングカクテルタイム(Evening Cocktail hour )

今回は、17時30分頃に訪れました。アフタヌーンティータイムよりは、利用者が多いですが席は空いています。アフタヌーンティータイムと同じような感じで飲み物にワインが増えた程度というよりそれだけ、選択肢は、赤ワインまたは白ワインでした。お食事は、セットメニューが出てきました。まぁイブニングカクテルということでこの後に夕食があるという前提のもと考えればこんなもんですね。

 

朝食レストラン(時間・場所)

※クラブラウンジでの朝食の提供はありません。

今回は、8時30分頃に訪れました。並ぶことはありませんでしたがある程度の混雑でした。場所は、タワーウイング1階・ロビー階です。高級ホテルの朝食ブッフェですので、洋食が中心ですが中華やインド系もありました。

まとめ(感想・おすすめポイント)

ホテルでシャトルを用意しているものの交通の利便性としては、低いことを承知する必要があります。たた、歴史的な旧館マジェスティックウイングで歴史を感じながら過ごすのも良いかもしれません。また、アフタヌーンティタイムも人気なのでティータイムが好きな方にとっても良いと思います。

旅日記での宿泊時の様子

ザマジェスティックホテルクアラルンプール ジュニアスイートに宿泊

ザ・マジェスティック・ホテル・クアラルンプールのマジェスティッククラブラウンジの様子

ザ・マジェスティック・ホテル・クアラルンプールの送迎サービス&スパ・プール&朝食について

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

ご連絡フォーム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)