『ヒルトン名古屋・プレミアムエグゼクティブ』宿泊記

目次

 

概要

  • 宿泊時期:2017年11月 平日から1泊
  • 予約方法:ヒルトン公式予約サイト
  • 予約プラン:客室のみ
  • 予約客室:クイーンヒルトンゲストルーム
  • 客室料金:10000円
  • サービス料・税金を含む料金:12204円

ヒルトンオナーズ【ダイヤモンド】会員特典

  • 客室のアップグレード:プレミアムエグゼクティブルーム
  • プレミアムインターネットが無料
  • 朝食無料
  • エグゼクティブ ラウンジの利用が無料

アクセス(交通 手段 移動 方法)

名古屋駅からは無料シャトルバスやタクシーで5分、または徒歩でも15分程度の距離で、栄にも同じく徒歩15分程度。徒歩3分の最寄の地下鉄駅「伏見」からは、名古屋、栄、どちらにも1駅と大変便利です。

今回は、名古屋駅から無料シャトルバスを利用。ピックアップは、ミッドランドスクエアとプラダのショップの間の一方通行の細道に、シャトルバスが停まります。

ホテル周辺(コンビニ)

ホテルから徒歩1分程度に2軒のコンビニがあります。周辺は、オフィスなども多く、サラリーマンがお昼を頂くようなお食事処が多数ありました。

チェックイン

チェックイン時間は、15時よりとなっています。1階フロントで名前を伝えるとエグゼクティブラウンジに案内されます。予約したお部屋は、一番リーズナブルなクイーンヒルトンルームでしたがプレミアムエグゼクティブルームにアップグレードして頂けました。

エグゼクティブルームとプレミアムエグゼクティブルームの違いとしては、階数の違いとなります。

部屋の中へ

2016年3月に全客室の改装が完了し、名古屋の歴史からインスピレーションを得た、和モダンのデザインに生まれ変わりました。他の国内のヒルトングループのホテル、特にヒルトン大阪と同様に、障子とふすまを取り入れたデザインの客室は美しいだけでなく、機能性もすぐれています。全客室にマルチコンセント、枕元には様々な電子機器を充電するためのUSBソケットを備えています。

インテリアは、城郭や侍といった、古(いにしえ)の名古屋の歴史からインスピレーションを得た落ち着いた色彩で、客室のデザインは、わび・さび(侘・寂)の要素を意識した心地よい空間です。

シャワールーム(アメニティ)

洗面とバスルームの仕切りは、部屋を広く見せるためガラスとなっています。日本式の浴室で洗い場もあり、使い勝手が良かったです。

 

ホテルからの眺め

ホテル高層階にプレミアムエグゼクティブルームが位置しており、名古屋市街の夜景が眼下に広がります。

ホテルの施設(売店・プール・ジム)

7階には、ジムとプールがあり、宿泊者は、無料で利用できます。一階には、ホテルのギフトショップがあり、ホテルメイドのケーキなどがあります。

エグゼクティブラウンジ(時間・場所・カクテルタイム・朝食)

  • 場所:26階
  • アフタヌーンティータイム:15時から16時30分
  • カクテルタイム:18時から20時30分
  • ブレックファスト:6時30分から10時(土日は10時30分)

他のヒルトングルーブと比べて種類は、多めになっています。アフタヌーンティータイムは、1時間30分と少々短めですが、スコーンやサンドイッチなど取り揃えています。

 

カクテルタイムも、お食事・お飲み物共に種類が豊富になっています。

この日の温かいお料理は、焼き鳥や名古屋名物の天むすでした。

お飲み物は、アルコール類としては、赤ワイ3種 白ワイン2種 スパークリング1種 日本酒1種 梅酒1種 ビール2種

リキュール系は、少し離れたところにおいてありますがカンパリ・カシス・ジン・ウオッカ等定番のものは、そろっていました。

デザート類も豊富でいろいろな種類が出てくるので一度なくなったら終わりですから見つけてほしかったらすぐに確保してたくださいね

 

エグゼクティブラウンジでの朝食は、一般レストランと比べると少々少なめとなりますが静かで落ち着いた雰囲気で頂くことができます。

一般朝食レストラン(時間・場所)

和・洋・中、100種類以上のメニューを取りそろえた朝食ブッフェでは小倉トーストにきしめん、味噌カツなどの名古屋飯の他、豊富なペストリー類、目の前で焼き上げる卵料理もあります

  • 場所:2階
  • 時間:6時30分から10時まで(土日祝は、10時30分まで)

名古屋飯コーナー

シェフの卵料理コーナーのオムレツのトッピング

まとめ(感想・おすすめポイント)

ヒルトン名古屋は、名古屋駅から少々離れるもののシャトルバス等もあり、便利な立地です。エグゼクティブラウンジでのアフタヌーンティータイムやカクテルタイムのお食事やアルコールなどのお飲み物の種類が豊富なのがポイントですね

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

『ホテル・ラ・レゾン大阪』宿泊記(クインテッサホテル大阪ベイ)

 

概要

  • 宿泊時期:2017年11月 平日から1泊
  • 予約方法:一休.com
  • 予約プラン:客室+朝食付き
  • 予約客室:デラックスツイン
  • サービス料・税金を含む料金:17800円

大阪のベイエリアに位置して、客室の広さは、全室42㎡以上となっています。都心部から少し離れていますが、宿泊費は、リーズナブルな価格に抑えて快適に空間で過ごすことができます。

アクセス(交通 手段 移動 方法)

最寄り駅は、ニュートラム南港ポートタウン線「中ふ頭駅」又は、トレードセンター前となります。駅からは、徒歩5分程度。ホテルの送迎バスは、大阪駅・海遊館そしてUSJに出ているので便利です。車の場合は、ホテル地下駐車場の他提携屋外駐車場があり、提携駐車場の場合は、駐車料金が無料となります。

ホテル周辺(コンビニ)

ホテル・ラ・レゾン大阪の隣には、高級ホテルハイアットリージェンシーがあります。また、インデックス大阪や南港ATCホールが近くにあり、コンビニやレストラン等は、ATCまで行けばいろいろとあります。夕食にATC内の飲食店を利用いたしましたが並ぶことはありませんがある程度入っていて、近隣オフィスビルの方々が主な利用者である感じでした。

チェックイン

ホテルチャックイン時間は、15時からです。特別会員等ではないのでお部屋のアップグレード等は、無く、一般的な手続きで終了。お飲み物のサービスは、してくれました。提携駐車場は、無料で利用できますが帰りにサービス券を発行してくれるだけなので途中で車を出すと料金がかかります。

部屋の中へ

お部屋は、ツインタイプを基本として、ダブルベッド1台からトリプル・フォースとなります。お部屋は、スタンダードが42㎡ デラックスが45㎡と少々広めとなります。基本的な作りは、すべて一緒という感じです。

部屋に入ると手前側にトイレや洗面・バスルームなどがあり、中ほどにデスク・ソファそして、窓側にベッドとなっています。

ベッドは、シモンズベッドを採用。ツインタイプのお部屋は、ベッドサイズも140cmと余裕の大きさでした。

コンテンポラリー・シックなインテリアテイストを盛り込んだゆとりの空間となっています。

シャワールーム(アメニティ)

バスルームも広めの空間で洗い場もあります。レインシャワーもあり、様々な人に最適です。アメニティは、歯ブラシなど定番のものに加えてボディータオルなどもありました。

ホテルからの眺め

今回宿泊したお部屋からは、海遊館の観覧車などが見える方でした。夜景を楽しみたい方は、コスモスタワー展望台に行かれることをお勧めします。

ホテルの施設(売店)

ホテル内には、売店があり、飲み物やお菓子などであれば置いてあります。営業時間は、朝の7時から夜10時までです。

一般朝食レストラン(時間・場所)

「エネルギッシュに過ごす活力をチャージ 」できる朝食をコンセプトに朝食に力を入れているホテルで種類豊富でした。シェフの卵料理コーナーでは、オムレツもあり、9種類から注文できます。

  • 営業時間:6時30分から10時
  • 価格:2500円

まとめ(感想・おすすめポイント)

中心部から少し離れたベイエリアであるため、交通の利便性がマイナスポイントとなりますが、最寄り駅からも5分程度でUSJや大阪駅まで送迎バスも出ていますし、ATCの方にレストランもあるので問題は、大きくないと思います。その分、価格がお得なので今の大阪では、穴場といえるでしょう。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。