ダブルツリーbyヒルトン・ホテル・クアラルンプールに宿泊 スイートルームにアップグレード

本日のホテル【ダブルツリーbyヒルトン・ホテル・クアラルンプール】に来ました。
フロントで名前を告げるとダブルツリー名物のクッキーを頂き
エグゼクティブラウンジへご案内となりました。
予約したお部屋はツインゲストルーム 一番リーズナブルなお部屋です。
ヒルトンオナーズ特典として、エグゼクティブルームにアップグレードされていたことは
ヒルトンドットコムのHP上で確認をしていましたが
空きがあるとのことでデラックススイートになりました。
【ダブルツリーbyヒルトン・ホテル・クアラルンプール】では、ダイヤモンド会員は原則このデラックススイートにアップグレードして頂けることになっています。ただどの場合も空き次第です・・・
それではデラックススイートルームへ
リビングルーム側となりますが広いデスク
仕事をするにも良いですね
冷蔵庫はデスク横にあり、中身は空です。
DSC_3570000000133.jpg
映画を見ながらくつろぐのも良いですね
DSC_3573000000136.jpg
ベッドルーム側です。
これだけ見ると普通のお部屋って感じですね
DSC_3575000000138.jpg
窓側から撮影。
奥にバスルームがあります。
バスローブは標準装備です。
DSC_3579000000142.jpg
バスルームは日本人としてよく見かける感じで
浴室内にバスタブと洗い場があります。
レインシャワーも完備です。
DSC_3584000000147.jpg

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

KLセントラル駅からアンパンパーク駅 ダブルツリーbyヒルトン・ホテル・クアラルンプールへ

気がつくともう14時30分頃
【ヒルトン・クアラルンプール】をチェックアウトして
本日のホテル【ダブルツリーbyヒルトン・ホテル・クアラルンプール】へ向かいます。
タクシーで移動しても日本の感覚からしたら何も問題はありませんが
今回は電車LRTで移動したいと思います。
まずKLセントラル駅に行きます。
KLセントラル駅で電車LRTの乗り場はすぐに分かります。
チケットの買い方は、英語を選んでLRTを選択、
その後目的地の駅を選んでお金を入れる。
ただし注意が必要なのは、金種です。
10リンギット札は入りません。
ちなみにKLセントラル駅からアンパンパーク駅までは2.7リンギットでした。100円にもなりません。
GEDV2165000000505.jpg
KLセントラル駅でLRTに乗るときに困ることがあるとするなら
ホームです。
対式ホームなので行き先によって異なります。
エスカレーターが整備されているので荷物があっても問題はありませんでした。
ホームに上がって数分で電車が入ってきました。
KLセントラル駅からアンパンパーク駅までは6つです。
時間は13分ぐらいでした。
アンパンパーク駅から【ダブルツリーbyヒルトン・ホテル・クアラルンプール】までの行き方ですが事前の調査によりますと
ちょっと遠回りした方が荷物がある場合はいいかもということでした。
改札は一箇所で右が【ダブルツリーbyヒルトン・ホテル・クアラルンプール】との表示がありますが
反対側に出るべきということで出てみました。
GEDV2173000000513.jpg
出てみるとこんな感じ・・・
と雨が降っていました。
でも大丈夫屋根がちゃんとついています。
これとエスカレーターが遠回りする理由でした。
遠回りと言っても道路の幅分という感じです。
GEDV2177000000517.jpg
屋根付きの陸橋を通れば濡れずにホテルまでいけます。
ちなみに案内通りホテル側に出ると写真左側にあるショッピングセンターを通り抜ければ雨にぬれないかも・・・
外を歩けば階段を上ることに・・・
GEDV2179000000519.jpg
歩道を道なりに進むとビルに入っていきます。
しかも外の看板は見慣れたSMBC 中の看板はモルガンスタンレー!!
ここでいいのかなぁと思いながら中へ進むとスポーツショップがあり、
さらに奥に行くと【ダブルツリーbyヒルトン・ホテル・クアラルンプール】のフロントがあります。
ちなみに建物に入るとちょっと階段で降りるようになりますが
建物に入る直前にエレベーターがあります。
歩道橋の場所が1A階という表示で1階(マレーシア表記 日本なら2階部分)におります。
エレベーターのドアは反対側が開きますよ
GEDV2182000000522.jpg

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。