『東京ドームホテル・シングルルーム』宿泊記

最近都内のビジネスホテルでも1泊1万円を超えることがあります。また、シティホテルとなれば2万円からという状態。しかもタイミング的には、高めの時期でしたが1泊朝食付きで15500円というプランを見つけたので衝動的に予約をしてしまいました。ホテルは、東京ドームホテルです。東京ドームで野球の試合やイベント等によって価格が変動するのが特徴ですが夜にそれらのイベント等が無ければリーズナブルに宿泊できる穴場となります。

目次

 

概要

  • 宿泊時期:2018年3月 日曜日から1泊
  • 予約方法:一休
  • 予約プラン:客室+朝食
  • 予約客室:シングルルーム
  • サービス料・税金を含む料金:15500円

アクセス(交通 手段 移動 方法)

JR水道橋駅・都営三田線水道橋駅・東京メトロ南北線及び丸の内線後楽園駅・都営大江戸線春日駅から徒歩5分程度です。水道橋駅からだと数分という感じですね。中心部から少し離れるような感じがありますが複数の路線を利用できるので利便性が良いですね。羽田空港や成田空港からリムジンバスを利用することも可能です。本数は、少し少なめです。

ホテル周辺(コンビニ)

商業施設は、東京ドームを中心に営業するような感じがありますが、レストラン等もありますし、水道橋駅の方に行くと多数の飲食店があります。コンビニは、ホテルよりJR水道橋駅方向に歩くとありますが、一つ注意点としては、東京ドームに来るお客様を前提とした店づくりをしています。東京ドームのイベントと関係なく、宿泊される方は、超混雑することがあるので少し東京ドームのイベント情報を知っておくとよいと思います。

チェックイン

ホテルに到着したのは、チェックイン時間の14時頃です。数名列をなしていますが、スタッフの数も多いのですぐに手続きをして頂くことが出来ました。実は、この日、日中に東京ドームでイベントがある、30分程度遅くなっていたらかなり混雑するとのことでした・・・。春休みですのでね。

東京ドームは、特に上級会員とかないので予約した通りのお部屋となります。高層階と低層階に分かれていますが低層階は、22階までです。今回は、その中で上層階を・・・とリクエストしておきました。

部屋の中へ

エレベーターは、上層階と低層階に分かれています。

9階から22階のゲストルームのシングルルームです。お部屋の広さは、26平米です。ベッドのサイズは、ダブルかクイーンといった感じです。

冷蔵庫には、いろいろと入っておりました。

ホテルからの眺め

今回のお部屋は、シティービューとなります。東京ドームは、反対側です。20階ぐらいですが周辺がそんなに高くないので高く感じますね。

ホテルの施設(売店)

ホテル内2階のショップがあります。東京ドームホテルということでジャイアンツグッズもありました。

飲み物やお菓子などもありますがアルコール類は、宿泊者限定とのこと・・・

一般朝食レストラン(時間・場所)

朝食は、6時30分より10時までで3階のリラッサで頂きました。

外国の旅行者が多いようで並んでいましたが・・・中にあったら空席が何か所もありました・・・

人が多くあまり写真が撮れませんでしたが、子供向けを意識したようなメニューですした。

レストランから東京ドームが目の前に見えます。

まとめ(感想・おすすめポイント)

タイミングにもよると思いますがシティホテルが1泊朝食付きで約15000円は、リーズナブルとだと思います。春休みというタイミングであった為、新宿などは、シティホテルは、2万3万当たり前のタイミングでしたのでリーズナブルな価格だと思いました。また、意外と交通の便が良く、羽田空港からもリムジンバスがあり、電車も京急線・都営浅草線で三田駅で都営三田線に1回乗り換えるだけで来れます。朝食については、少し、物足りなさを感じる部分は、ありますが子ども連れであれば満足できることでしょう。東京ドームでの夜のイベントがある時は、高くなるのだと思いますが夜のイベントが無ければ、穴場のホテルです。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

『ホテルニューオータニ大阪・スーペリアダブル大阪城側』宿泊記

『スーペリアダブル大阪城側』

目次

 

『ホテルニューオータニ大阪・スーペリアダブル大阪城側』宿泊概要

  • 宿泊時期:2018年3月 日曜日から1泊
  • 予約方法:一休.com
  • 予約プラン:客室のみ
  • 予約客室:スーペリアダブル/禁煙(大阪城側30平米)(ダブル)
  • サービス料・税金を含む料金:9100円

 

アクセス(交通 手段 移動 方法)

場所は、大阪城のお隣。大阪城公園駅や大阪ビジネスパーク駅が最寄り駅となり、京橋駅からも徒歩圏内です。電車で各最寄り駅まで移動して徒歩又は、タクシーとなります。大阪伊丹空港・関西国際空港から空港リムジンバスの乗り入れはありません。

ホテルに乗り入れているバスは、京都行のみで1日7~8本運行されています。

外国人観光客向けの大阪ループバスも一応、1日7本あります。1日又は2日乗り放題チケットとなり、1日券が3000円。2日券が3500円なので日本の方にとっては、割高感があるかと思います。

大阪城ホール目の前でもあるため、大阪城ホールでのイベントで遅くなる方にとっては、ベストな立地です。

 

ホテル周辺(コンビニ)

ホテルは、大阪城公園に隣接して、ビジネスエリアにあります。コンビニは、隣の建物に【生活彩花】。大阪城公園内に、【ローソン】などがありますが、ランチタイムについては、豊富な商品が並びますが夕方等になると商品が品薄になりがちで夕食をコンビニで考える方は、余裕をもって行動した方が良いです。

また、飲食店については、JO-TERRACE OSAKA がホテルからほど近い大阪城公園内にあるので利用されると良いと思います。ランチは、にぎわっていますが、夕食時となると行列は無くなります。

ちなみに、ホテル内のニューオータニショップは、10時から19時までは、営業時間が長くないのでご注意ください。

 

チェックイン

チェックイン時間は、14時です。今回は、大阪城公園駅から徒歩で行きました。ホテルまでは、徒歩5分程度です。大阪城公園駅の改札口は、2階部分でホームから改札口までは、エレベーターがありますが改札口から先の屋外には、階段移動となります。最近できたJO-TERRACE OSAKA 内を経由すればエレベーターもあります。

ホテル正面玄関に着たら、ドアマンが荷物をお手伝いしてくれました。そして、チェックイン手続きをしました。ホテルニューオータニ系のホテル上級会員ではないので、予約した通りのスーペリアダブル大阪城側になりました。

実は今回、ホテル予約サイト【一休】でお得なプランがあり飛びついてしまいました。【1万円以下】で泊まれましたので!!

 

『スーペリアダブル大阪城側』部屋の中へ

ベルの方は、荷物と共にお部屋にご案内してくれました。お部屋の広さは、30㎡程度てす。

お水は2本無料となっています。

冷蔵庫の方には、ミニバーとしてビールやソフトドリンクが入っていました。

 

シャワールーム(アメニティ)

シャンプーやコンディショナーなどは、ミニボトルタイプでした。歯ブラシや髭剃りやシャワーキャップなどがありブラシもありました。ちなみにブラシは、一番後ろに置いてあり、大きいなぁと感じました。

『スーペリアダブル大阪城側』からの眺め

大阪城・キャッスルビューです。左手前・左下にある建物がJO-TERRACE OSAKA でコンビニのローソンやレストランが入っています。夜も営業していますがそんなに遅くまでやっていませんので・・・

夜は、大阪城がライトアップされました。

まとめ(感想・おすすめポイント)

大阪城公園の隣にあり、ビジネス街にある為、交通の便としては良いのですが、駅から徒歩となるため、大きな荷物があるとバリアフリーもされてないため、不便さを感じるかもしれません。大阪駅や京橋駅から送迎バスでもあれば便利さ倍増でしょうね。

ホテルのすぐ近くにJO-TERRACE OSAKA が出来たため夕食もそちらのレストランで頂くことが出来ますがビジネス街であるため京橋駅など近隣で済ませるかホテル内となります。

立地に対して、メリットとデメリットがあることをよく考慮して決められると良いと思います。大阪城ホールでのイベントで遅くなる場合は、メリット大です。

今回は、1万円以下の9100円で宿泊しているのでコスパ的にも十分満足できるお泊りでした。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。