東京ディズニーリゾートから成田空港へ空港リムジンバスでお得に移動

東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルのヒルトン東京ベイに泊まっていますがNH815便でクアラルンプール行くため、成田空港へ空港リムジンバスで向かいます。もちろん電車移動も考えました。

  • 電車の場合は、約1時間30分で1000円程度
  • バスの場合は、約1時間15分で1800円

電車は、舞浜駅から普通電車で移動した場合となり、乗り換え等があります。料金が安いのがメリットですね。

バスの場合は、東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルなどを巡って行く為、ホテルから乗車しても周辺ホテルを回るのに時間がかかります。成田空港行きのバスは、ディズニーアンバサダーホテルが始発でディズニーシー、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、ホテルオークラ東京ベイ、そしてヒルトン東京ベイに回ってきます。今回宿泊した、ヒルトン東京ベイまで約10分少々かかっています。その後、サンルートプラザ東京、東京ベイ舞浜ホテル、東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート、東京ディズニーランド、そして最後に東京ディズニーランドホテルを回ってから成田空港に向かいます。最初のディズニーアンバサダーホテルから東京ディズニーランドホテルを回るだけで30分程度かかります。これがデメリットといえるでしょう。東京ディズニーランドホテルを出発すると約1時間で成田空港に到着いたします。空港リムジンバスは、通常運賃が2450円となりますが現在「Narita Air & Bus! コラボキャンペーン」を行っており、1800円で移動できました。バスのメリットは、乗り換え等がないことですよね。ホテルから乗車する場合は、荷物もホテルの人が手伝ってくれます。また、成田空港についてからは、アメックスなどのポーターサービスもありますし、カートも近くにあるので便利ですね。

今回搭乗する飛行機がNH815便で出発時刻が17時20分のため、お昼ご飯を食べ終わったぐらいでバスに乗るとちょうどいい時間となります。運行間隔は、1時間に1本又は2本という感じです。チェックインの時点で成田空港から飛行機に乗ることを伝えて、空港リムジンバスの予約とバスの時間に合わせてレイトチェックアウトと万一のためのエクスプレスチェックアウトの手続きをしておりました。今回は、ヒルトン東京ベイを13時9分に乗車、成田空港第一ターミナルに14時25分着に乗りました。

空港リムジンバスは、渋滞にハマることもなく、順調に成田空港に向かいました。最初の停留所の第二ターミナルで運賃の回収となります。ディズニーシーとディズニーランドから乗車するとバスチケットを持っていないため、清算に時間がかかります。

定刻通り、14時25分頃成田空港第一ターミナルに到着いたしました。

夕方の時間がアメリカ本土便のラッシュとなるため、まだ比較的すいていますがこれから混雑いたします。私は、エコノミークラスの搭乗となりますがSFC会員なのでビジネスクラスのカウンターでチェックインしました。

時間に余裕をもって移動し来たのでちょっと飛行機の撮影に・・・今日は、いい天気でした。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

ヒルトン東京ベイにて朝食&屋外プール

ヒルトン東京ベイ ザ・スクエア(the square)にて朝食

ヒルトン東京ベイの朝食レストランは、一階奥のザ・スクエア(the square)です。フォレストガーデンとアチェンドとシルバの3つのレストランが一つとなって朝食会場となります。混雑する時は、吹き抜けのラウンジオーも朝食会場となります。ディズニーランドやディズニーシーの開園時間にもよりますが朝7時前から8時ぐらいが一番混雑いたします。朝食会場が広いので順次席が空いて、列は進みますが一般レーンは、行列ができます。ヒルトンオナーズ(Hilton Honoer)ダイヤモンド会員・ゴールド会員・シルバー会員は、優先レーンがあり、少しの待ち時間で席に案内されます。JTBなど一部の旅行会社で事前に優先権を購入できるようにもなっています。朝食の時間は、6時30分から10時です。

今回は、1組待ってすぐにご案内となりました。食事内容は、和洋中のブッフェとなっています。お蕎麦もあり、お椀に小分けにされていました。

洋食ブッフェ定番のベーコンやソーセージもあります。

和食は、焼き魚や煮物がそろっています。

ブレッドステーション(Bread Station)です。フランスパン、ブレッドロール、バニラレーズンデニッシュ、カイザロール、チョコレートデニッシュなどがありました。

ホテル朝食ブッフェの必須サービスのオムレツコーナーもあります。オムレツの中に入れる具材は、オニオン・パプリカ・ハム・マッシュルーム・チーズがあり、お好みの具材をチョイスできます。また、焼き加減もリクエストできます。

東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルということもあり、子連れファミリーも多くいらっしゃいます。子供たちに人気メニューの子供コーナー(Kids Station)もあります。

そして、日本人の主食お米。手軽に食べる場合は、やっぱりおにぎり!!作り立ておにぎりコーナー(RiceBall Station)もあります。味は、さけ・明太子・梅干し・ツナマヨ・昆布などです。

おいしく頂きました。

セレブリオラウンジにて朝食

一般名称としては、エグゼクティブラウンジ又はクラブラウンジとなりますがヒルトン東京ベイでは、セレブリオラウンジとなっています。セレブリオセレクトルームやスイートルームそして、ヒルトンオナーズダイヤモンド会員は、こちらで朝食をいただくこともできます。一般論的にこちらの方が朝食の品数は少ないのですが落ち着いた雰囲気で朝食を頂けるというメリットがあります。また、セレブリオラウンジで朝食をいただくメリットとしては、並ぶことがない!!そして、時間が早い!!一般の朝食が6時30分からに対して、セレブリオラウンジは、6時から朝食をいただくことができます。もし、朝早くからお出かけを考えている方にとってはメリットとなりますね。

サラダコーナー

和食ご飯のおともコーナー

ホットミールコーナーです。スクランブルエッグ・ベーコン・ソーセージなど

フルーツコーナー

パンコーナー

ヒルトン東京ベイ 屋外ガーデンプール

夏季営業となりますが屋外のガーデンプールを営業しています。変形プールとなりますが広いです。水深は、0.8メートルから1.3メートルです。

行き方は、一旦地下一階に降りて、フィットネスクラブとかクリニックがある廊下を通り抜けて屋外に出たところです。広い変形プールがメインとなりますが子供向けの浅いプールもありました。

デッキチェアーでくつろぐのもいいですね

ちなみにこちらのソファは有料席となっていました。

お値段5000円です。

リゾートライフにどうぞ~

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。