ホテルでのトラブル!! ホテルに送った宅急便が届いていない!! &ANA宅空便は、いつ届く?

ホテルでのトラブルは、頻繁に発生するものではありませんがある一定の頻度で発生するもの現実です。今回は、“ホテルに送った荷物”に関する情報をお伝えいたします。

荷物が多い場合や現地に行って観光してからホテルに向かう場合などに事前にホテルに荷物を送っておくと便利です。飛行機に乗った場合のロストバゲージと同様にホテルに着いても荷物がないというのは、困ったトラブルです。

ホテルに送った宅急便が届いていない!!

多くのホテルで事前に荷物をホテルに送ってチェックインまで預かって頂けます。ちょっとしたトラブルや手違え等も考慮して余裕をもって送ることも大切です。

題名からして結論として、ホテルに送った宅急便が届かなかったトラブルに遭遇しました。その詳細をお伝えいたします。

発送したのは、埼玉で送り先は、千葉の東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルです。午後出荷で翌日午前に配達可能な位置関係です。その為、時間に余裕をもって前々日に発送いたしましたが宿泊日当日到着にしたのが間違えでした。

1日目:午後に埼玉より発送
2日目:午後から雪が降り始めて夕方には、交通網が混乱、高速道路も通行止めが発生。夜には、止みました。
3日目・宿泊日当日:高速道路は、一部通行止めがあるものの午後には、回復。ホテルには、予定通り夕方に到着。しかし、宅急便は、届かず。ヤマト運輸にて荷物の追跡をしたところ発送した埼玉にあるとの表示。
4日目:ホテルには、1日に2度配達に来るらしく1便目は、朝9時には、届くとのことでしたがその中に荷物は無く。ヤマト運輸にて荷物の追跡をしたところ所在地不明になりました。ホテルに対しては、荷物が届いても受取を拒否するように伝えてチェックアウトしました。ヤマト運輸に対しても連絡をしたが追跡できない状況である為、どうにもできず・・・

この一件があるまでは、日時を指定した場合は、配達店まで最短で輸送してから保管するものと思っていましたが発送店で止めているとは、知りませんでした。

雪が降って交通網が混乱することは、予想されていたので雪が降る前に配達店まで来ていれば多少遅れても支障が無いと思っていましたが甘かった・・・

もしかすると、雪は、関係なく、発送店で置き去りにされたというトラブルかもしれませんが・・・。

このトラブルで学んだこと

宅急便は、最短で届くように指定する!!! ホテルには、申し訳ないが荷物だけ2泊ぐらい前泊してもう!!

 

ホテルに事前に荷物を送る時のポイント

ホテルに荷物を送る場合に【伝票に記載する情報】にいくつかポイントがあります。様々なホテルがありますが比較的小さい規模のホテルであれば、事前に確認で電話等をしておいた方がいいでしょう。

東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルのように毎日何個も当たり前に宿泊客の荷物が届くところは、事前の連絡は、無くても大丈夫でしょう。ただ、ホテルにホームページで【伝票に記載する情報】について確認をしておくとスムーズです。

送り先の情報として、ホテルの住所とホテル名を記入するところまではOK
受取人氏名をどうするか?ということがあります。
いろいろな考え方等がありますが【宿泊代表者・予約者の名前をひらがな又はカタカナ】で記入するのがポイントです。まず同室者の情報についてホテルが知らない可能性があります。名前と宿泊者リストを照合した場合に該当者無しということになりますのでね。また、宿泊者リストですが漢字表記とは限りません。漢字の読み方が複数あることもあるのでカタカナ表記で行っている所があります。
また、ホテル自体に何か宅配便が届くこともあります。ホテル自体の荷物か 宿泊客の荷物か判断できるようにする必要もあります。ホテル自体の荷物の場合は、受取人の欄は、漢字で表記されます。部署名もいれるのが基本ですが・・・。
ホテル自体の荷物か 宿泊客の荷物か判断できるようにする為に宿泊客がすることとして『フロント気付き』と付け加えることです。この言葉があれば宿泊者ということになります。最初にホテルにホームページで【伝票に記載する情報】について確認することとお伝えいたしましたがホテルによっては、【ロビーサービス宛】にするように表記があったりします。

そして、荷物の中身の欄には、【チェックイン日】を記入することがベストです。こちらに宿泊者名を記入する人もいます。

トラブルの経験より荷物は、2泊ぐらい前泊してもうにしていますが基本的には、前日に届くようにするのが基本です。当日の方が良いのでは?と考える方も多いと思いますが当日に荷物が届いた場合、スタッフが荷物を探し回る!!という事態を招くことがあります。ホテルにもよりますがベルスタッフがいるようなホテルの場合は、お部屋に荷物を届けてくれます。当日に届くと仕分け等が行われていないことがあります。前日に荷物を届けておけば、当日にお部屋に荷物が届けられており、その情報も管理されており、チェックインの際に荷物は、お部屋に入れてありますということになります。

 

ANA宅空便利用体験について

東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルに泊まるツアーを申し込むと朝空港について、その後東京ディズニーリゾートに遊んでから夜ホテルに行くという方が多いと思います。羽田空港から当日便で荷物を送ることもできるのですが朝8時頃は、長蛇の列が発生します。それを回避してスムーズに行動できるのが【ANAのスーパー宅空便】です。これは、出発空港で飛行機になる際に宅急便の手配をしてしまうものでANAが到着空港で荷物を直接ヤマト運輸に引き渡してくれるというものです。

つまり、到着空港の宅急便カウンターの長蛇の大行列に並ぶこともないし、それ以前に到着空港で荷物が出てくるのを待つ必要もないということです。料金は、1個1000円です。

もし、到着空港からホテルに行くまでの間にどこか観光するためにコインロッカーに荷物を預けると考えるとコインロッカー代は、500円程度するので実質的に、500円(1000円-500円)でホテルに送ることとなります。自宅から直接ホテルに送る場合は、当日出発空港まで荷物を持って行かなくてもよいというメリットがありますが宅配料金として1500円から2000円程度と思います。費用対効果ということになると思いますがコインロッカーを探す時間とか複合的に考えると私の場合【ANAのスーパー宅空便】という結論になりました。

当日配送の為、12時までに到着する便となりますが便利だと思います。

過去何度も利用いたしました。その時の出来事として12月の繁忙期については、“当日届かない可能性がある”といわれたことがあります。朝一の便を利用しており8時頃には、羽田空港に到着していることもあり、問題なく当日配送されていました。ちなみに送り先は、東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルです。羽田空港からの場合は、ある程度のまとまった数の輸送が考えられます。

以前品川のホテルに泊まった時に利用した時には、配達時間として18時から20時と19時から21時の時間指定で【18時から20時】にしましたがチェックイン時ホテルの方に伝えてあったこともあり、17時15分頃にお部屋に届きました。

アレ?? 18時からの時間指定で17時15分にホテルのお部屋に届くって??
ちょっと不思議ですがあくまでもホテルに届くということで問題なしですね。個人宅では時間通りの方がいいでしょうが・・・

朝一の便を利用したので9時頃には、羽田空港に着いていたと思います。ヤマト運輸にも早く引き渡されていたので早く荷物が届いたのでしょうね

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

ホテルでのトラブル!!預けた荷物の取り間違え発生!!

ホテルに宿泊した時のトラブル経験は、宿泊数に比例してある一定頻度で遭遇するものと考えています。人間は、ミスをする生き物です。一流ホテルでもミスをしないということは、ありません。しかし、本人が十分な注意をしていたり、2重の対策をしていたりとミスのないようにしています。その為、ミスをする頻度が少なくなるわけです。

様々な経験の中でこちら側で出来る対策もあるので体験談を通してご紹介いたします。

ミシュランガイド掲載の某ホテルで預けた荷物の取り間違え発生

チェックイン前やチェックアウト後に荷物をホテルに預けるということは、よくあることと思います。その時のトラブルとしていくつが考えられますが私が経験したのは、“荷物の取り間違え”です。

ホテルによりますが荷物を預かると時の引換証として使い捨ての引換証を利用する時は、取り間違えは、おそらく起きないでしょう。今回、取り間違えが起きたホテルでは、番号札を利用されていました。

↓イメージ画像

ミシュランガイドにも掲載されていた中流の某ホテルに宿泊した時のことです。チェックアウトの際に荷物を預けた時に預かり札を渡されて、目的地に行きホテルに戻ってきて、荷物が出てきたらなんと自分のものではない!!

番号札は、両方共に一致しています。
つまり、どこかの時点で番号札が入れ替わっていたのです。

今から思うと荷物を預かる時に番号札を渡されただけでした・・・
普通そうでしょと思う方もいると思いますが一流ホテルで番号札を利用されている場合は、ミスを防ぐため、預かる時に両方の札の番号が一致していることを確認いたします。また、場合によっては、お客様と一緒に『こちらの番号でお預かりいたします』といって確認をした上で預かります。ちなみに、『こちらの番号』といいう言い方もポイントで『番号を口にしない』ことも大切ですね。番号札をなくす人もいます。誰かがその光景を見聞きしていて、番号札を無くしたと言ってきた場合のことも考えての対応です。

結局、シールもいっぱいはってあって荷物に名前を書いていたので発見に至りましたがもし偶然にも似たような荷物であった時そのまま気が付かずに持って行かれたら・・・・。

これ以降、番号札の場合は、必ず両方の番号を確認するようにしました。

今思うと以前、アメリカのスミソニアン博物館でも番号が一致しない札を渡されて荷物がないというトラブルがあったことも思い出しました。その時は、アメリカだからと思っていましたが実際に日本で起きるとは・・・。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。