『ホテル・ラ・レゾン大阪』宿泊記(クインテッサホテル大阪ベイ)

 

概要

  • 宿泊時期:2017年11月 平日から1泊
  • 予約方法:一休.com
  • 予約プラン:客室+朝食付き
  • 予約客室:デラックスツイン
  • サービス料・税金を含む料金:17800円

大阪のベイエリアに位置して、客室の広さは、全室42㎡以上となっています。都心部から少し離れていますが、宿泊費は、リーズナブルな価格に抑えて快適に空間で過ごすことができます。

アクセス(交通 手段 移動 方法)

最寄り駅は、ニュートラム南港ポートタウン線「中ふ頭駅」又は、トレードセンター前となります。駅からは、徒歩5分程度。ホテルの送迎バスは、大阪駅・海遊館そしてUSJに出ているので便利です。車の場合は、ホテル地下駐車場の他提携屋外駐車場があり、提携駐車場の場合は、駐車料金が無料となります。

ホテル周辺(コンビニ)

ホテル・ラ・レゾン大阪の隣には、高級ホテルハイアットリージェンシーがあります。また、インデックス大阪や南港ATCホールが近くにあり、コンビニやレストラン等は、ATCまで行けばいろいろとあります。夕食にATC内の飲食店を利用いたしましたが並ぶことはありませんがある程度入っていて、近隣オフィスビルの方々が主な利用者である感じでした。

チェックイン

ホテルチャックイン時間は、15時からです。特別会員等ではないのでお部屋のアップグレード等は、無く、一般的な手続きで終了。お飲み物のサービスは、してくれました。提携駐車場は、無料で利用できますが帰りにサービス券を発行してくれるだけなので途中で車を出すと料金がかかります。

部屋の中へ

お部屋は、ツインタイプを基本として、ダブルベッド1台からトリプル・フォースとなります。お部屋は、スタンダードが42㎡ デラックスが45㎡と少々広めとなります。基本的な作りは、すべて一緒という感じです。

部屋に入ると手前側にトイレや洗面・バスルームなどがあり、中ほどにデスク・ソファそして、窓側にベッドとなっています。

ベッドは、シモンズベッドを採用。ツインタイプのお部屋は、ベッドサイズも140cmと余裕の大きさでした。

コンテンポラリー・シックなインテリアテイストを盛り込んだゆとりの空間となっています。

シャワールーム(アメニティ)

バスルームも広めの空間で洗い場もあります。レインシャワーもあり、様々な人に最適です。アメニティは、歯ブラシなど定番のものに加えてボディータオルなどもありました。

ホテルからの眺め

今回宿泊したお部屋からは、海遊館の観覧車などが見える方でした。夜景を楽しみたい方は、コスモスタワー展望台に行かれることをお勧めします。

ホテルの施設(売店)

ホテル内には、売店があり、飲み物やお菓子などであれば置いてあります。営業時間は、朝の7時から夜10時までです。

一般朝食レストラン(時間・場所)

「エネルギッシュに過ごす活力をチャージ 」できる朝食をコンセプトに朝食に力を入れているホテルで種類豊富でした。シェフの卵料理コーナーでは、オムレツもあり、9種類から注文できます。

  • 営業時間:6時30分から10時
  • 価格:2500円

まとめ(感想・おすすめポイント)

中心部から少し離れたベイエリアであるため、交通の利便性がマイナスポイントとなりますが、最寄り駅からも5分程度でUSJや大阪駅まで送迎バスも出ていますし、ATCの方にレストランもあるので問題は、大きくないと思います。その分、価格がお得なので今の大阪では、穴場といえるでしょう。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

『ウェスティンホテル淡路 リゾート&コンファレンス』宿泊記

目次

 

概要

  • 宿泊時期:2017年10月 平日から1泊
  • 予約方法:SPGオフィシャルサイト
  • 予約プラン:客室のみ
  • 予約客室:デラックスルーム
  • 客室料金:
  • サービス料・税金を含む料金:15720円

SPG【ゴールド】会員特典

  • 客室のアップグレード:なし
  • ウェルカムギフト(ドリンク券orポイント)

アクセス(交通 手段 移動 方法)

兵庫県の淡路島にあるため、車があると便利な位置になります。明石海峡大橋を渡ることになります。JR新神戸駅・JR三ノ宮駅・JR舞子駅から高速バスでホテルまで移動ができるので車がない人でも便利な場所です。

車の場合は、淡路夢舞台の一部にホテルがあるため600台収容の地下駐車場があり、宿泊者の駐車場代は、無料です。出し入れは、自由ですが毎回フロントで処理をして頂くことになります。駐車場の出入り口は、2か所あり、夢舞台の一般入り口とホテル正面玄関を経由する入口です。ホテルの地下出入口は、Aゾーン及びBゾーンで数字の小さい方(B3エリアなど)にあります。駐車スペースは、狭い感じなので荷物が多い場合は、一旦ホテル正面玄関でドアマンに荷物を預けてから駐車することをお勧めします。

ホテル周辺(コンビニ)

ホテルは、淡路夢舞台の一部であるため、ホテルと隣接する建物にレストランや売店などが数軒あります。一般的なコンビニは、車を走らせることになります。比較的静かな場所となります。

チェックイン

今回は、車で訪問。ホテル正面玄関で荷物をドアマンに預けて地下駐車場に回して、2階でチェックインとなります。予約したお部屋は、デラックスルームでチェックイン時にアップグレード等の案内はありませんでした。荷物は、ベルが後で運ぶのでお部屋への案内は、ありませんでした。

部屋の中へ

禁煙ルームでの最上階となる9階にご案内となりました。バルコニー付きの広々としたお部屋でリゾート感のがありました。窓も大きく開放的でした。

シャワールーム(アメニティ)

洗面、トイレ、バスルームをそれぞれ独立させた3フィクスチャーとなっています。基本のシャンプーやコンディショナーなどの他にも男性用化粧品(ヘアリキッド/ヘアトニック/アフターシェーブローション)や女性用化粧品(クレンジングフォーム、スキンローション、ミルクローション)もありました。

ホテルからの眺め

今回は、東側の9階であったため壮大な緑の大地『淡路島国営明石海峡公園』の大パノラマを楽しむことができました。

ホテルの施設(売店・プール・ジム)

ホテル内には、有料でスパやジムがある他、フロント横には、淡路島のお土産が買えるショップもありました。

一般朝食レストラン(時間・場所)

2階に朝食レストラン『コッコラーレ』です。コンテンポラリーリゾートをテーマにした明るく開放的な交換で彩り豊かに盛り付けられたお料理を頂くことができます。

  • 時間:7時00分から10時00分
  • 料金:2500円 ※SPGアメックスの割引可能!!

兵庫県内でも淡路島産の野菜は、定評があり、地産地消にこだわった朝食が並んでいました。

シェフの卵料理コーナー:淡路島産放し飼い卵使用のオムレツを提供。

まとめ(感想・おすすめポイント)

淡路島ということで大阪から日帰りができる距離ではありますがゆったり過ごしたい時には、程よい距離でリゾート気分が味わえる場所にあります。お花や緑が好きな方にとっては、隣接する夢舞台と合わせて滞在を楽しまれるとよいと思います。夜は、近くのお寿司屋さんに行きましたがお野菜だけでなく、島であり、海産物も豊富に取れておいしいお魚を頂きました。

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。