『ヒルトン東京ベイ・ヒルトンルーム』宿泊記 デジタルキー利用

『ヒルトン東京ベイ・ヒルトンルーム』宿泊記 目次

 

概要

  • 宿泊時期:2019年1月 平日から1泊
  • 予約方法:HPCJ
  • 予約プラン:客室のみ
  • 予約客室:ヒルトンルーム
  • 客室料金:11625円
  • サービス料・税金を含む料金:14187円
  • エレベーターのセキュリティ:無し
  • お部屋の電気にキーの必要性の有無:無し
  • ベッドのスタイル(デュべorスプレット):デュベ

ヒルトンオナーズ【ゴールド】会員特典

  • 客室のアップグレード:今回しないようにリクエスト
  • 15時までのレイトチェックアウト
  • 朝食時優先レーン

アクセス(交通 手段 移動 方法)

東京ディズニーリゾートオフィシャルであり、ディズニーリゾートラインのベイサイドステーションから徒歩1分の場所です。JR舞浜駅からもホテルの送迎バスがあり、基本は、20分間隔ですが時間帯によっては、10分間隔であり、他のホテル比べて一番早くまた、一番遅くまで毎日運行しています。

今回は、東京ディズニーシー閉園後であった為、東京ディズニーシーディズニーリゾートラインを利用しました。羽田空港や成田空港からのバスも直接ホテルに乗り入れているので移動には、たいへん便利な地域です。

ホテル周辺(コンビニ)

ホテル周辺はホテルのみという感じで何かあればイクスピアリに行くことになります。イクスピアリに行くと飲食店のみではなく、スーパーの成城石井や薬局などもあります。コンビニは、ホテル内にあります。

チェックイン(アプリのデジタルキ―)

アプリで事前にチェックインをしてデジタルキーで入室しようと思ったのですがフロントに立ち寄る必要があるとのことでした・・・。東京ディズニーシー閉園後ということでフロントは、にぎやかでしたが東京ディズニーランドの方が早く閉園していたのでさほど混んでいませんでした。

フロントでは、通常通りの手続きでした…。

そして普通にカードキーを頂いてのですがアプリのデジタルキーを試してみました。

スマホのIC利用するのではなく『無線』です。おそらくBluetoothかなとおもいます。お部屋の近くでアプリを開いて開場をタッチするとカチッと鍵が開きます。

スマート家電と同じ原理と思いますので遠隔で開錠できるのでその点は、少々注意が必要ですね

部屋の中へ

もう夜が遅く寝るだけだったので落ち着いて雰囲気のヒルトンルームのままにしてもらいました。

ウェルカムスイーツです。

お水二本は、無料です。

冷蔵庫は空です。

シャワールーム(アメニティ)

浴室は、すべて1体型となっています

シャンプー等は、ポンプ式です。

ホテルからの眺め

パーク側のお部屋です。

ホテルの施設(売店・プール・ジム)

ホテル内には、コンビニの生活彩花が入っています。普通のコンビニ価格のコンビニです。ホテル価格ではありません。

地下一階には、プールやジムもあります。

そしてクリニックもあります。

一般朝食レストラン(時間・場所)

ヒルトンオナーズゴールド会員は、一般レストランに入る際に優先レーンがあります。パークの開園時間に合わせる形で混雑いたします。回転が速いので列が出ていたも次から次へと進みます。案内係さんが来るのを待つ時間って感じです。

まとめ(感想・おすすめポイント)

通常ヒルトンオナーズゴールド会員は、特典としてアップグレードして頂けますがセレブリオルームとなりますが、今回は、落ち着いた雰囲気のヒルトンルームを指定させて頂きました。

アプリのデジタルキーを使ってみましたがフロントには、立ち寄りが必須のようでした…。完全スルーは、出来ない模様・・・。

朝食に優先レーンがあるのがありがたい感じがしますね

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

ご連絡フォーム

『シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル ・グランデルーム』宿泊記

『シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル ・グランデルーム』宿泊記 目次

 

概要

  • 宿泊時期:2019年1月 日曜日から1泊
  • 予約方法:マリオットリワードオフィシャルサイト
  • 予約プラン:客室のみ
  • 予約客室:スタンダードルーム
  • サービス料・税金を含む料金:14400円
  • エレベーターのセキュリティ:無し
  • お部屋の電気にキーの必要性の有無:無し
  • ベッドのスタイル(デュべorスプレット):スプレッド(なんちゃってデュベ)

マリオットボンヴィイ【プラチナエリート】会員特典

  • 客室のアップグレード:グランデルーム
  • クラブラウンジの利用
  • 16時までのレイトチェックアウト

マリオットボンヴィイ【プラチナエリート】ギフト選択肢

  • 1000ポイント
  • 一般レストランでの朝食(1700円×2名分)

アクセス(交通 手段 移動 方法)

東京ディズニーリゾートオフィシャルの一つであり、ディズニーリゾートライン(モノレール)のベイサイドステーションから徒歩1分の場所です。JR舞浜駅からは、送迎バスがありますが土日は、20分に1本ですが平日は、1時間に1本あるかないかで最終バスが15時前で終わります。

ホテル周辺(コンビニ)

ホテル周辺は、ホテルのみという感じです。基本的には、JR舞浜駅に行ってイクスピアリに行くこととなります。それでも用が足りない場合は、新浦安駅まで行くことになるでしょう。ただ、ホテル内にホテル価格ですが売店がありますし、二つ隣のヒルトンホテルには、生活彩花というコンビニがあります。また、ヒルトンホテルには、クリニックもあります。過去一度お世話になったことも・・・・。

チェックイン

事前にアプリでチェックイン手続きをしていましたがいつも時間がかかるイメージがしているのがこのホテル・・・。今回もチェックインの数組待ちで、数名のスタッフで手続きを進めているのでそんなに長くかからないはずなんですがいろいろと時間がかかっていました。今回は、スタンダードルームを予約しておりましたが高層階のグランデルームにアップグレードして頂けました。また、少し広めのお部屋にしてくれました。

シェラトングランデ東京ベイホテルは、S字形の建物でカーブの外側と内側でお部屋の大きさが若干異なります。パーク側とオーシャンビュー側がありますが両方共に同じようになっていますので広めのパーク側も広めのオーシャンビュー側もあります。

お荷物は、後でベルが届けるという事で一人でお部屋へ

部屋番号を言われたらある程度位置が分かるんですよね。

部屋の中へ

マリオットボンヴィイ【プラチナエリート】会員特典としてアップグレードして頂けました。グランデルームの広めのお部屋です。パーク側です。広めと狭めの違いとしては、4平方メートルほどであり、ベッドとテレビまでの距離が長めとなります。

洗面所から扉を開放することもできます。

 

お水は、三本無料です。

冷蔵庫の中は、空です。

シャワールーム(アメニティ)

トイレは独立です。※広めのお部屋の為です。

アメニティは、こちらです。

浴室は、洗い場付きです。

シャンプー等は、ポンプ式となっています。

ホテルからの眺め

今回は、東京ディズニーリゾート側であり、ホテルの位置的に東京ディズニーシーが目の前となります。ちょうどインディージョーンズのアトラクションの裏です。夜

ホテルの施設(売店・プール・ジム)

ホテル内には、薬局があります。お菓子とかもあります

そして近くに売店です。

価格の方は、ホテル価格です。

ホテル内にカフェもあり、比較的お手頃価格でいただけます。

お酒とケーキもありますよ

クラブラウンジ(時間・場所・カクテルタイム・朝食)

ラウンジは、最上階の中央にあります。

  • 朝食:6時30分から10時00分
  • オールデイスナックサービス:10時00分から23時00分
  • イブニングカクテルタイム:17時00分から19時00分 ※ビール飲み20時まで

説明文としては、カクテルタイムは90分との表記があります。

カクテルタイムの様子

アルコールのメニューが多いなぁと思いました。ノンアルコールカクテルもありましたよ

カクテルは、セフルサービスです。

お料理は、コールドミールが多い感じがしましたね

デザートもあります。

夕食には、少し物足りなさを感じますがクラブラウンジですので・・・

この日の混雑状況としては、ほぼ満席ですでした。

朝食は、満席ではありませんでしたが混雑していました。カクテルタイムと違って回転が速いので!!お料理の写真は、撮れませんでしたが簡単な朝食となります。一般レストランが1700円の追加なのでこちらで済ませてしまう方も多いことでしょう。

まとめ(感想・おすすめポイント)

東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルということで空港からのアクセスが便利なのが特徴ですね。新浦安エリアの方がお得に泊まれますが空港からのアクセスに差があります。東京ディズニーランドや東京ディズニーシーを訪れる方が多く、クラブフロアの朝食がラウンジのみなので朝が混雑していたイメージが強かったですね。ただ、回転が速いので問題は無いと思いますよ。一般レストランでも朝食の混雑は、煮たような感じかと・・・・

最上階のクラブラウンジから富士山も見えましたよ

▼1日1回どうか清きクリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村

▲皆さまの応援がブログ更新の励みとなります。

ご連絡フォーム